独学でも学びやすい占い方法

占いの種類は豊富に存在しているので、誰もが好みの方法を必ず見つけられるといっても過言ではないかもしれません。気に入った方法が見つかったら、プロの占い師に依頼して運勢を読んでもらうと良いでしょうし、自分で占いの方法を勉強しても良いでしょう。プロの占い師の中には、当たりやすいと評判の人がいるものですが、そのような人に見てもらうには料金が掛かり過ぎる場合があります。初めてプロに占ってもらう時は、インターネットや電話を利用する方法を選ぶと料金設定が分かりやすくて良いかもしれません。インターネットの占いではメールのやりとりなどを通じて見てもらえますし、電話なら時間によって料金が決まっています。それらは、直接会って占ってもらう時間が無い人にとって便利な方法に違いありません。自分で占えるようになりたい場合は、専門書籍や事例が多いものを選ぶのがおすすめです。

初心者の為の書籍や、プロ並みの知識が得られる位に幅広く専門書が存在していれば、独学でも段階的に学習することが可能です。また、占いの実力をつける為には、実例を検証するのが効果的です。すでに占いの結果が出ているものを自分で占ってみるのです。それらに該当する方法の一つとして、西洋占星術があります。西洋占星術ならば、専門書が豊富に販売されていますし、洋書で学ぶことも出来ます。西洋占星術に関するインターネットのサイトが幾つも存在し、ホロスコープを載せて検証している例がたくさんあります。ある程度西洋占星術の知識を蓄えてから、ホロスコープだけを見て読んでみて、答え合わせをすると良いでしょう。自分自身や友人、恋人、家族などを占うのも参考になるはずです。西洋占星術で詳しく占うにはホロスコープの作成が欠かせません。日時と場所の緯度経度の度数を入力すれば、自動的にホロスコープが出来るパソコンのソフトや、無料でダウンロード出来るソフトがあるので、ホロスコープは簡単に作れます。日時については、人を占うのであれば生年月日、事柄を占うのであれば、発生した時を入力すれば良いです。ホロスコープが読めれば、人間ならば、その人の性格や社会的な態度、適性、金運や恋愛運などを読むことが出来ます。

相性を知りたい場合は、それぞれのホロスコープを重ねてその中の星と星座、星が作る角度などを読んで判断します。読みたい日時のホロスコープを作成し、その時の自分の状態といった事柄も占うことが可能です。

Send a Comment

Your email address will not be published.